通信制高校にテストってあるの?どういう内容なの?

出典:イラストAC

管理者のたまきです。

通信制高校でも卒業をすることができるのはわかりました。

でも、基本が自宅で学習を進めていくというスタイルなので、テストみたいなものがあるのかが気になります。

なので、調べてみたんですが、通信制高校でもテストはあるみたいです。

正式な名称は「単位認定試験」というらしいです。

通信制高校の場合は、自宅学習でレポートを提出して、添削指導を受けて学習しなおしていきます。

そして、週に1回や年に20日程度のスクーリングに参加して不明点などを先生に直に聞きながら単位を取得していきます。

しかし、それだけではしっかりと学習が身についているのかはわかりません。

なので、必ず年に1回又は2回程度単位認定試験を行って、正式に単位を取得しても問題ないかを確認するようです。

この単位認定試験の難易度ですが、実は難しくなくて、レポートをしっかりと行って、決められた日数スクーリングに通っていれば簡単に解くことができるレベルです。

そんな単位認定試験の合格ラインは60点となっています。

そこまで高くないですよね。

この60点という合格点は、1回で取得しなくても問題ありません。

年に2回試験がある通信制高校であれば、前期で30点であっても後期で30点取れば合格となります。

極端な話、前期が0点であっても後期で60点取れていれば合格になります。

なので、ハードルは結構低いです。

通信制高校で卒業をする事はできるの?

出典:イラストAC

管理者のたまきです。

全日制と違い、自宅学習がメインの通信制高校ですが、気になるのは卒業できるかではないでしょうか。

結論から言えば、卒業はできます!

しかし、しっかりと自己管理をして、計画的に勉強を進めながら単位を取得していかないといけません。

通信制高校は74単位を取得する事で卒業することができますが、3年間で74単位を取得することができなければ4年目以降も学習をする事になります。

通信制高校には学年というものがないので、留年する事はありません。

なので、可能であれば何年でも卒業するまで続けることができます。

期限もないので、極端な話10年でも続けることは可能なのです。

つまり、本人のやる気次第で卒業できるかどうかが変わってくるのです。

ただ、それだけでは単位の取得は足りないので定期的なスクーリングへの出席、テストなどを使って単位を取得する必要があります。

スクーリングはその他の生徒と会う事になるので、苦手っていう人もいると思いますが、レポート用紙3枚とか4枚+スクーリングを受けることで単位1取得となるので、受けないわけにはいきません。

ただ、学校によっては年に数回だけのスクーリングの所もありますので、どうしても苦手ならできるだけ少ないスクーリング数で済むようにすれば良いでしょう。

そうやって順調に単位を取得すれば卒業する事も現実的に可能なのです。

通信制高校と全日制高校の違いって?

出典:イラストAC

神奈川の通信制高校情報を発信していく当ブログ。

管理者のたまきです。

このブログでは、通信制高校の情報をどんどんと更新していきますので、よろしくお願いします。

本日は1回目の更新です。

今回は通信制高校と全日制高校の違いを紹介します。

全日制高校は毎日通学して、一つの教室で、決まった生徒同士で勉強をしますが、通信制高校は通学がほとんどありません。

スクーリングというのですが、週に何回か又は、月に何回か通うだけで、あとは基本的には自宅学習になります。

なので、教室もないですし、決まった生徒同士で勉強する事もありません。

また、勉強方法は、レポートの提出と定期的に行われるテストがあるだけです。

私立高校の場合は、先生からのサポートを受けられるので、不明点はネットを通して質問することができます。

また、単位制で卒業までには74単位を取得すれば卒業となりますが、3年年間でとることができない場合はとれるまで在籍する必要があります。

通信制高校には学年という概念がないので、2年在学していても高校2年生というわけではありません。

3年間通して学習面だけをしっかりと行っていくことがメインになります。

なので、基本的には留年という概念もありません。

その分、自分のペースでしっかりと学習することができるので、全日制の勉強についていけない人でも問題なく学習することができます。