カニの種類を比較。タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ

一口に蟹(カニ)といってもタラバガニやズワイガニ、それに毛ガニなど種類が色々ありますよね。

このカニの種類の違いや特徴をご紹介いたします。

タラバガニ

タラバガニは生息域がタラの漁場であることからタラバガニと名付けられました。

タラバガニは非常に大きく、大型のタラバガニは4.0kg以上あり、両足を広げるとなんと1メートル以上にもなります。そういうことから蟹の王様とも呼ばれています。

食用としては塩茹でや蒸し蟹として流通することが多く、そのまま食べる以外にも様々な料理に使われます。また、毛ガニやズワイガニとは違い、蟹みそは油分・水分が多く生臭さがあり、通常は食用にされません。

タラバガニを通販でお取り寄せすると1kg8,000円~13,000円くらいします。

ズワイガニ

高級がにとして知られるズワイガニ。松葉ガニ、越前ガニなどが有名ですが、すべて獲れた場所で名前を変えているだけで同じ種類です。

ズワイガニはタラバガニに比べて脚が細く長いです。甲羅も小さめでツルツルしています。

味は甘味があって非常に美味しいです。蟹みそも濃厚で美味しいです。

ズワイガニを通販でお取り寄せすると1kg5,000円~10,000円くらいします。松葉ガニや越前ガニのようなブランド蟹になると1kg8,000円~13,000円くらいします。

毛ガニ

北海道と言えば毛ガニというくらい北海道では毛ガニが年中獲れます。

ズワイガニやタラバガニに比べると体が小さく食べれる箇所も少ない分、食味に大変優れ身に甘みがあり、カニミソの量が多いのが特徴です。

毛ガニを通販でお取り寄せすると1kg1kg8,000円~13,000円くらいします。