カニの通販お取り寄せはどんな状態で届くのか?適切な保存方法

カニ(蟹)を通販のサイトを見ていると足だけで販売しているものが多いですよね?

もちろん本体丸ごとのカニもありますが、足だけで販売していることが多いです。

カニの足だけで売っている理由はいくつかあります。まず第一に本体と足の両方が綺麗な状態で残っているカニは結構珍しいんです。扱いが雑でなくても脚が取れてしまうことはままありますし、また脚が欠損したかにが漁獲されることもあります。こうしたカニは取引価格が格段に低下してしまうため、そうしたものを集めて商品化したほうが高価で販売することができます。

あと、カニの本体は別の用途でもよく利用されるためです。蟹味噌や鍋の出汁などです。

ちなみに、カニってどんな状態で届くと思いますか?基本的には冷凍ですが、まれに生という場合もあります。活きたままや生の状態(活蟹とも言われます)で売られていることがあります。活蟹を購入した場合、長期保存は難しい為、できるだけ早く食べるしかありません。届いた当日や翌日までには食べましょう。どうしても食べれない場合は新鮮なうちに塩茹でし、ラップでくるんだ後ビニール袋に入れて冷凍庫で保管すると2、3日は日持ちします。

冷凍でも、生の状態で冷凍されたものと、ボイルされてから冷凍したものです。

生冷凍は届いた状態のまま冷凍庫で保管すると1か月は持ちますが、一度解凍すると2日間くらいしか持ちません。

ボイル冷凍のカニは、すぐ食べるのでなければ、解凍しないで届いたまま冷凍庫で保管します。保存期間は生冷凍と同じく1か月くらいです。一度解凍したものは再び冷凍するのは避けて、冷蔵庫で保管し、2、3日中に食べきるようにします。

冷凍されたカニはただ単に冷凍されて長期的に保管されていると味や風味が落ちてしまうなんて印象がありますがそんな事はありません。最近は冷凍技術の発達によって急速冷凍という技術があり、旬の時期に水揚げされた上質なカニを、すぐに急速冷凍して保存しているのですから味も風味も申し分ないレベルです。