家庭用脱毛機と脱毛サロンの脱毛機の違い

通販サイトを見ると、家庭用脱毛機も結構売れているようなんですよね。

よく聞くのが、ケノン、トリア、イーモなどですが、こういうのは脱毛サロンの脱毛機とどうちがうのでしょうか?

ケノンはフラッシュ、トリアはレーザー脱毛です。家庭用でも似たような脱毛は可能ですが、一人でやるとなると手の届く範囲に限られて、不便さもあるようです。消耗品だったりもするので、以外に出費がかさむという話もあります。

見える範囲でお手軽に脱毛するなら家庭用脱毛機でもよさそうですが、全身脱毛など広範囲で脱毛する場合は、脱毛サロンの脱毛機におまかせしたほうがよさそうです。

脱毛サロン脱毛機

で検索して出てきたサイトで、各脱毛サロンの脱毛機について詳しく説明してくれているところがありました。脱毛機の商品名まで出ているのでわかりやすいです。各サロン毎に様々なんですねぇ。

どこの国で作られているかも重要みたいで、できるだけ日本製の脱毛機を使っている脱毛サロンにした方がいいみたいです。日本人の肌質などにあっているそうです。

施術料金が安い店舗は、この辺りを加味せず、脱毛機を安く海外から仕入れている可能性があるのかもしれません・・・・・。もしかしたら。

恋肌(旧ラヴォーグ)の純国産とか、TBCの自社オリジナル辺りが気になりますね。

キレイモの脱毛器(脱毛マシン)が効果ありそう

脱毛サロンの効果は脱毛サロンによって変わるというよりは脱毛器(脱毛マシン)の違いによって変わると言っても過言ではありません。なので、より効果の高い脱毛マシンを探そうと思います。

キレイモの脱毛器(脱毛マシン)なんか気になっています。Piel (ピエル)という国産の脱毛器なのですが、今までの脱毛器(脱毛マシン)で使用されていたキセノンランプを使ったインテンスパルスライトを使用したIPL脱毛だと使うごとに効果が落ちてしまい、その都度メンテナンスをしないといけなかったんですが、Pielは、この欠点を克服しており、最終ショットまで常にー-定の出力や放電を安定した状態に保つことかできるハイブリッド制御システム搭載の最新型美容機器だそうです。

また、国産の脱毛器(脱毛マシン)なので、日本人の肌に最適化された機器プログラムにより、効果を高く保ちながら、肌の保護も可能になっています。さらに、機械のヘッドが-4℃に設定されてるので痛みの原因になる熱もシャットアウトしてくれます。

逆に、-4℃なんて肌に当てたら、ヤケドしてしまうのではないか?など心配になってしまうと思います。脱毛器(脱毛マシン)自体は、熱い光を当てるので、たいていの脱毛サロンでは冷却ジェルを塗った上から照射して、ヤケド防止を行っていますが、脱毛器(脱毛マシン)自体に-4℃まで冷却してくれるので、いちいち冷却ジェルを使用する事がありません。

キレイモがこの脱毛器(脱毛マシン)に変えてから痛くなかったという口コミが多くなったようです。